スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
余命1ヶ月の花嫁
先程、「余命1ヶ月の花嫁」を見てました。
24歳という若さで、乳がん末期で
余命1ヶ月を懸命に生き抜いた長島千恵さん。

片道2時間かけて、毎日献身的に看病する父と、
千恵さんをいつも励まし、支える彼。
「今日は、何してたの?」
という彼の質問に、
「生きてる」
と答える彼女。

生きてる事が奇跡。
この重みのある言葉に胸がつまり、涙なくしては見れませんでした。
生きてることが、最高の幸せ・・・。

「ウェディングドレスを着たい」と語る彼女。
友人たちの力で、その望みをかなえた千恵さんは、
本当にすごくすごくきれいでした。
優しいお父さん、彼、たくさんの友人の前で見せた
笑顔は最高でした。

普段当たり前に生活している毎日に、
感謝の気持ちや生きる勇気のメッセージを
たくさん残してくれた千恵さん。
本当にありがとう。

心よりご冥福をお祈りします。
スポンサーサイト
【 2007/07/18 22:31 】

| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<いざ! | ホーム | ヘアメイク>>
コメント
--- 私も見ました ---

彼女の想い、きっと多くの人に伝わったでしょうね。
当たり前が当たり前でなくなる時、人はそこでようやくその有り難味に気づくのですよね。
病気になってからでは遅い、という彼女のメッセージにすごく重みがあって、本当に人事ではなく自分のために検診を受けなくてはと思いました。
しかし、あの彼すごく優しい方でしたね。
彼女が他界した後もお父様を気遣うってなかなかできないことだと思います。
enreve * URL [編集] 【 2007/07/21 15:41 】
--- ---

enreveさん☆
子ども、ほったらかしで見てました。結婚式のシーンでは、涙が止まらなくって・・・。
挙式を終え、二人のフラワーシャワーの時、テレビの片隅に、
以前のブライダルの職場の上司が写ってて、びっくりしました~(*^-^*)
yuki * URL [編集] 【 2007/07/22 01:14 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://arianna.blog72.fc2.com/tb.php/137-c40f7802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。